脱毛の知識をもってサロンに行こう!脱毛でキレイになる!

成長期の小中学生や体調が悪い人は脱毛をしてはダメ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛に向かない人って?

脱毛を受ける人たちがどんどん若年年齢化していますが、最近は、都市部の私立の小学校で脱毛が流行していると驚くような話を聞きます。

早いうちに脱毛しておけば後が楽だと思うなら、とんどもない誤解。成長期にある子どもが脱毛することは基本的にタブー。精神的な未熟さもあり、さまざまな問題も起きやすいのです。肌へのダメージや、脱毛の処理を間違えれば、後の成長過程に悪影響を及ぼす可能性もあります。

第一、エステやクリニックでの脱毛は親の承諾がない限り、20歳以下は受けてもらえません。親の目を盗んで子ども同士で市販の脱毛剤を使って脱毛を行なうケースもありますが、肌を傷つけて炎症を起こし、痛みに耐えられず親にばれて泣く泣く皮膚科に・・・ということも。

思春期の子どもを持つ親御さんは、脱毛に対する正しい認識を子どもと共有してトラブル防止に努めることです。また、肌が敏感でこれまで脱毛による皮膚炎や色素沈着を起こした経験がある人は、一度皮膚科医に相談してから時期や方法を選ぶことが大切です。

その他にも、体調がすぐれない時、妊娠中、生理中、出産後の授乳中はホルモンバランスが乱れているため脱毛はお休みましょう。持病のある人も症状や服用している薬の種類によって、脱毛後にシミができたり脱毛が適さないことがあるので専門医に確認してからに行なうことです。

その他おすすめの記事