脱毛の知識をもってサロンに行こう!脱毛でキレイになる!

ホルモンバランスが崩れる妊娠中は肌が非常に敏感なため脱毛はストップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中の脱毛は?

妊娠中の脱毛は基本的にタブーです。エステにしろ、クリニックにしろ、妊婦さんへの施術は子宮や胎児への影響を考えてまず行なっていません。それというのも、妊娠中は体のホルモンバランスも崩れやすく肌も敏感。脱毛効果が表れにくいのです。

肌の状態が敏感である時に脱毛をすれば当然、肌トラブルが起きる確率も高くなります。また、脱毛時の刺激や痛みがストレスとなり母胎へ悪影響を及ぼしたり、陣痛を誘発するリスクもあります。

脱毛をするなら妊娠前に済ませておきたいものです。そうはいっても結婚式前に妊娠をしてしまい、ウエディングドレスを着るのに、何とかむだ毛を処理したいという場合、困ってしまいますよね。

ご安心ください。とっておきの方法が妊婦用のブライダルシェービング。エステのなかには、マタニティエステと称して、妊婦さんのお腹をかばい、苦しくない体勢で脱毛できるコースがあります。

化粧品も敏感な肌にやさしいものを使い、体調を確認しながらていねいにシェービングを行なってくれるもの。だいたい1〜3回程度の施術できれいになることができます。費用は3万〜4万円程度のプランが大半です。

なお、妊娠中に産毛が濃くなることがありますが、出産後に自然と抜けることが多いので毛抜きやシェーバーで脱毛しないようにしてください。マタニティエステを受ける場合でも、必ず医師の許可を得たうえで行なうようにしましょう。

その他おすすめの記事