脱毛の知識をもってサロンに行こう!脱毛でキレイになる!

セルフ脱毛による肌トラブルは皮膚炎や色素沈着の恐れも!

このエントリーをはてなブックマークに追加
「セルフ脱毛」のトラブルでもっとも多いのが、肌への刺激が強すぎたために起きる肌荒れ、湿疹。ひどくなると色素沈着や毛嚢炎のような化膿性皮膚炎になることもあります。特に皮膚のやわらかいデリケートゾーンはトラブルが出やすいので、異常を感じたら即、専門医に診てもらいましょう

色素沈着

わきの下、Vゾーンなどデリケートな部分に起きやすいのが特徴。毛穴が赤くなったり、黒ずんだりしてポツポツと目立つのがおもな症状です。これは脱毛によって肌に負担がかかった結果、色素沈着が発生。カミソリや脱毛テープによる原因が多いようです。一度色素沈着が起きると、もとの状態には戻りにくく、治るまでに時間はかかります。いったん脱毛を中止し、美白ケアなどでよくなることもあります。

埋没毛

カミソリや毛抜きで脱毛した際、毛穴周辺の細胞が傷ついて起きるもの。傷をふさごうと皮膚の表面にかさぶたができるので、成長してきた毛が外に出られない状態になります。毛穴が鳥肌のような突起となるのが特徴です。かゆみや炎症も伴うこともあるので要注意。
放っておくと「毛嚢炎」の原因になる場合もあります。

毛嚢炎(もうのうえん)

脱毛の際、毛穴から細菌が入り込んで周辺の肌が荒れ、化膿が起きた状態です。予防法は衛生面の管理を徹底すること。脱毛部分、手、器具など使用するものをきれいに洗ってから脱毛を行うことです。また、処理後は脱毛部分を清潔に保つこと。夏場など汗の多い季節はこまめに汗をふくようにしましょう。

その他おすすめの記事