脱毛の知識をもってサロンに行こう!脱毛でキレイになる!

かつてレーザー脱毛が導入される前の定番脱毛法・ニードル脱毛

このエントリーをはてなブックマークに追加
かつてレーザー脱毛が導入される前のエステでは、「ニードル脱毛」が主流でした。これは、1本、1本の毛穴に細い針を差し込み、電気や高周波を流し、毛根を破壊させて脱毛していく施術法。時間はかかりますが、確実性を望むならおすすめです。また、レーザー脱毛が適さない部位、メラニン色素の濃いVゾーンなどにも適応できます。
「ニードル脱毛」はレーザーに比べて痛みもともなう点が難点。クリニックであれば麻酔を使うことができますが、エステでは不可能なために痛くても我慢するしかありません。とにかく、根気はいると思っておいたほうが無難です。それでも永久的な脱毛ができる点を考えれば、こちらを支持する人もいます。
基本的に施術には高度な技術が要求されるので、エステティシャンの熟練度によって、かかる時間や仕上がりもだいぶ異なります。選ぶ際は、評判のよい、できるだけ経験を積んだエステティシャンがいるところにしましょう。
料金的にはレーザー脱毛より安くできますが、時間でいくらと設定しているところが多く、サロンによっては高額になってしまうこともあります。なかには、「数十万円もかかって、びっくり!!]という話も!? あらかじめ、自分はどのくらいの費用がかかるのか調べるなり、聞いてみるなりしておくことがポイントです。おおよその費用を知っておけば、受ける方も安心ですものね!

その他おすすめの記事