脱毛の知識をもってサロンに行こう!脱毛でキレイになる!

脱毛基礎知識・エステ脱毛と医療脱毛の技術の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛を行っているエステティックサロンとクリニック。
「どこがどう違うの?」と思われるでしょう。
一言で脱毛といっても、エステとクリニックでは一般的に施術方法、料金、内容とも異なります。
では、どのような違いがあるでしょうか?

エステティックサロン(エステ)

エステで医療行為を行うことは基本的に違法です。
そのため脱毛方法も電気脱毛(ニードル脱毛)、IRL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛、ワックス脱毛が代表的です。
なかでもレーザー光線を使用するIRL脱毛フラッシュ脱毛は、医療用のレーザーとは異なり、毛根を弱らせる程度の光線を使用。
永久脱毛とうたっていても、合法上の意味から毛根を破壊するほどのパワーはありません。
ただし、医療用のレーザーに比べたら痛みはほとんどなく、リラックスしたサロンの中で施術が受けられる点。
また、料金も比較的安いという点では魅力です。

クリニック

おもに医療機関の美容外科や皮膚科などで脱毛を行っています。
メインとなる脱毛方法は、電気脱毛(絶縁針脱毛)、医療レーザー脱毛、光脱毛の3種類。
美容的な理由での脱毛は保険の適用外となるため費用はそれなりにかかるものの、厚生省から認可を受けた医療用レーザーを使用し、医師が直接施術するか、医師の管理指導のもとに施術が行われるので安全性は高いかもしれません。

永久脱毛を受けることも可能です。医療用レーザーでは一度に広範囲の脱毛を短時間でできるので、通う時間がなくて完璧にツルツルにしたいという人にはうってつけ。
また、脱毛のみならず肌の悩みにも対応してくれるので、アフターケアも安心といえそうです。

その他おすすめの記事